26日(火)、ボクシング・デーで開催されたプレミアリーグの第20節。

トッテナム・ホットスパーはホームでサウサンプトンを5-2で下し、後半戦最初のゲームを快勝で終えた。

そんなこの一戦で、ハットトリックを成し遂げたのがハリー・ケイン。22分、29分、67分にそれぞれゴールし、調子の良さを感じさせた。

ケインは、2017年のプレミアリーグで通算39点目。

これはアラン・シアラーが持っていた36得点を更新する最多記録であり、年間のハットトリック数は6つとなり、ロメル・ルカクやセルヒオ・アグエロらに並び同リーグの最多記録となった。

また、クラブチームと代表チームでのゴールを合算したケインの得点数は「56」となった(トッテナムで52点、イングランド代表で4点)。

これはリオネル・メッシ(54点)やクリスティアーノ・ロナウド(53点)、エディンソン・カバーニ(53点)、ロベルト・レヴァンドフスキ(53点)らを凌ぐ数字であり、年間での得点数でトップが確定した形。

ケインにとって2017年は最高の一年になったようだ。