『RTBF』は28日、ベルギーリーグ2017-18シーズン「前半戦ベストイレブン」を掲載した。

これは『RTBF』の編集チームが、今季の前半戦で最も活躍した11人を選んだもの。

そのメンバーは以下の通りとなっている。

ベルギーリーグ2017-18前半戦ベストイレブン

GK:
ニコラ・ペネトー(シャルルロワ)

DF:
クリスティアン・リュインダマ(スタンダール)
ブランドン・メシェレ(クルブ・ブルッヘ)
ステルゴス・マリノス(シャルルロワ)

MF:
アンダーソン・エシティ(ヘント)
森岡亮太(ベフェレン)
ハンス・ヴァナケン(クルブ・ブルッヘ)
ルート・フォルマー(クルブ・ブルッヘ)

FW:
アッサーヌ・バンデ(マリネス)
カヴァー・レザイー(シャルルロワ)
イサーク・テリン(ベフェレン)
「アシストランキングで2位となった選手は、間違いなく前半戦での新発見である。森岡亮太だ。

26歳の日本人がベフェレンに到来した。ベルギーでの最初のシーズンにおいて、21試合で7ゴール8アシストを決めた。

驚くような記録を持っており、ベフェレンは彼をキープすることに苦しむだろう」