27日、サウサンプトンからリヴァプールへオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイクが移籍することになった。

その取引額はなんと7500万ポンド(およそ103.46億円)。今夏実現したネイマールの移籍とは随分差はあるが、ディフェンダーとしては異例の高額取引となった。

それでは、ディフェンダーとしての歴代移籍金トップ10はどうなったのか?現時点でのランキングを見てみよう。

10位:ニコラス・オタメンディ(バレンシア→マンチェスター・シティ)

移籍金:3150万ポンド(およそ43.45億円)

ニコラス・オタメンディ 移籍金

【次ページ】カタール資金恐るべし…だったのに