スペイン、真の「無敵艦隊」に

2008年のサッカー界の出来事

スイスとオーストリアで共催されたEURO2008ではスペインが優勝。1964年の欧州選手権以来44年ぶりのビッグタイトルとなった。

チャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、セスク・ファブレガスの「クアトロ・フゴーネス」が話題となったが、ドイツとの決勝戦で唯一のゴールを決めたのはフェルナンド・トーレス。リヴァプールへ移籍した2007-08シーズンのプレミアリーグでは得点ランキング2位の24ゴールを決め、この年のバロンドール投票でロナウド、メッシに次ぐ3位に入っている。

ガンバ大阪がACL制覇

2008年のサッカー界の出来事

西野朗監督のもと攻撃サッカーでファンを魅了したガンバ大阪が、前年の浦和レッズに続いてアジア王者に。決勝ではオーストラリアのアデレード・ユナイテッドに2戦合計5-0と完勝した。

さらに年末のクラブワールドカップでは、マンチェスター・ユナイテッドと3-5の激闘。まさかこの年から2017年まで日本勢がACL優勝から遠ざかるとは誰も思わなかったのではないだろうか。

【次ページ】FAカップで“あのクラブ”が優勝