柏レイソルは29日、ペルー1部デポルティボ・ムニシパルから34歳の日本人FW澤昌克を完全移籍で獲得したと発表した。

澤は高校卒業後に南米へ渡り、アルゼンチンの名門リーベルの下部組織を経てペルーでプロデビュー。そこで同国の代表入りを薦められるほどの選手に成長し、現地のメディアに“ペルーの至宝”と評された。

その後2008年に柏へ加入し、2013年までの6年間でJ1通算65試合9得点を記録。2014年に当時2部の古巣デポルティボ・ムニシパルに復帰し、12得点を記録して昇格に貢献したが、34歳になった今季は無得点に終わっていた。

澤は柏の公式サイトで「自分が日本に戻り、レイソルに復帰するというのは自分自身でも本当にびっくりしていますが、これがサッカー人生における人と人との出会いだと思いますし、それを大事にして、今回の移籍を決断しました」とコメント。

また同日、デポルティボ・ムニシパルも澤の退団を発表したが、そこには「ありがとう、アイドル」という言葉とともに、「ここは常にあなたのホームです」「また会いましょう」というメッセージが添えられていた。