ヘントFW久保裕也(3月12日、ジュピラーリーグ第30節メヘレン戦)

久保は昨年、当時所属したヤングボーイズの事情によりリオ五輪の出場を辞退した。

にもかかわらず、それから半年でクラブを退団しヘントに移籍した時には「それなら五輪に出れば良かったのに…」という複雑な想いを抱いたものだ。

しかしベルギーという新たな舞台で怒涛のゴールラッシュ。すぐに日本代表のレギュラー格にまで上り詰め、結果的に彼の選択が間違っていなかったことを証明した。

その中でも「メッシ級」と形容されたこのゴールは、柴崎のそれと並んで2017年の海外組ベストの1つではないだろうか。