『Le Buteur』は28日、「アーセナルは、今冬のマーケットで再びリヤド・マフレズの獲得に挑戦する」と報じた。

今シーズンの開幕前にアーセナルからのオファーがあったと言われているマフレズ。

最終的にはレスターが設定した価格が5000万ユーロ(およそ67億円)以上と高額であったことから取引は行われず、マフレズはチームに残留していた。

しかし、アーセナルは今冬再びマフレズの獲得に向けた動きを行う準備があるとのこと。

しかもこのオファーは、冬でありながらも8月に提出されたものより高額な内容になっている可能性が高いようだ。

ただ、交渉に時間がかかることが予想されるため、来年夏までのスパンで行われるかもしれないという。

アーセナルは今季限りでメスト・エジルとアレクシス・サンチェスが退団する可能性があり、補強が求められる状況にある。

それを考えれば、アーセナルとしては夏まで交渉を行うことを視野に入れてのアプローチが妥当なのかもしれない。