Jリーグがリリースした公式アプリ「Club J.LEAGUE」。

リーグ観戦をより便利にし、サポーター同士のつながりを創り出すことを目指しており、ユーザー数も順調に増加しているようだ。

そんな同アプリでは限定企画として、Jリーグ選手による2017シーズンの「マイベストチーム」を公開中。

実際にプレーする選手や監督の選考には注目が集まるところだが、(自チーム選手からは選出できないという条件で)川崎フロンターレのFW小林悠が選んだ11人はこのような顔ぶれとなった。

GK:東口 昭順(ガンバ大阪)
DF:西 大伍(鹿島アントラーズ)
DF:昌子 源(鹿島アントラーズ)
DF:大井 健太郎(ジュビロ磐田)
DF:山本 脩斗(鹿島アントラーズ)
MF:井手口 陽介(ガンバ大阪)
MF:ソウザ(セレッソ大阪)
MF:クリスティアーノ(柏レイソル)
MF:レアンドロ(鹿島アントラーズ)
FW:杉本 健勇(セレッソ大阪)
FW:興梠 慎三(浦和レッズ)

J1得点王とMVPをダブル受賞してチームもリーグ優勝を飾るなど、2017シーズンは小林悠にとって忘れられぬ年となったが、その彼が「僕自身も好きな選手」と明かしたのが興梠。

得点ランキングで最終節まで競ったライバルに対して、「ポストプレー、背後への抜け出し、スピードと全てを兼ね備えたとFWだと思う」と最大の賛辞を送った。

また、GKとしては優秀なストライカーに評価されることは一つの栄誉と言えるが、J最高峰の点取り屋が選出したのはガンバ大阪の東口。

川崎戦での度重なるスーパーセーブが強く印象に残っている様子で、「本当に入ったと思うゴールが何度も止められた」と苦しめられたエピソードを語っている。