大晦日に放送された、第68回NHK紅白歌合戦。

昨年ブレイクした3人組の女性バンドで、川崎フロンターレを愛することでも知られるSHISHAMOも紅組のメンバーとして登場した。

SHISHAMOが歌ったのは、もちろん代表曲の一つである「明日も」。全国から募集した高校生のホーン隊とともに、スペシャルバージョンを披露した。

SHISHAMOにとって初出演となった紅白だが、川崎ファンにとっては不思議な縁を感じさせるエピソードもあった。

この日、紅組の5番目として出演になったSHISHAMO。その直前、番組では副音声やインターネット配信の紹介が行われたのだが、そこで登場したのはお笑い芸人のサンシャイン池崎さんだった。

サンシャイン池崎さんは『NHK』が積極的に技術開発を進める8K(スーパーハイビジョン)について、「空前絶後の~超絶怒涛の映像システム~」と持ちネタを使いながら紹介した。

その後、画面は切り替わりSHISHAMOの出番に。サンシャイン池崎さんの「ジャスティス」ネタといえば、2017シーズンに川崎フロンターレの選手たちがゴールパフォーマンスに使用したことで話題に。

さらにSHISHAMOは川崎市出身でフロンターレの熱狂的なファンということで、川崎ファンにとっては縁を感じさせる構成になっていたのだ。やっぱり2017年の川崎は持ってた!

ちなみに紅白に出演した際、ベースの松岡彩さん、ドラムの吉川美冴貴さんは川崎カラー(サックスブルー)の衣装を身にまとっていた。このあたりもファン心理をくすぐった?

出演後は渋谷のライブハウスに移動し、早速ライブに参加したSHISHAMO。

まさかの自転車での移動ということで、川崎のベンチコートを羽織っていた。フロンターレ好きすぎ!