年末年始恒例のプレイバック企画!編集部おすすめの記事を再び。

今回は昨年4月28日に掲載した『全く覚えられない選手名ランキング(2017年春版)』。今年も第2弾あるか?

そろそろ欧州サッカーリーグの2016−17シーズンも終わりだ。数々の試合を見てきた皆さんにとって、新たに印象を残した選手は誰だっただろうか?

筆者も様々なコンペティションに目を通すことになり、色々な選手と出会ってきた。データも取ってきた。しかし、それでも全然覚えられない選手もいるのだ…。

残念ながら編集部Kが未だに頭の中で噛み砕くことが出来ない選手たちについて、一挙にまとめてみた。口に出して読んでみよう!

6位:ミカエル・ヌガドゥ=ヌガジュイ(Michael Ngadeu-Ngadjui)

ミカエル・ヌガドゥ=ヌガジュイ

キャノン・ヤウンデでデビューしたあとドイツに渡り、ルーマニアのボトシャニでブレイクしたカメルーン代表CB。現在はチェコのスラヴィア・プラハ所属。

アフリカの名前に慣れっこである筆者であるが、似たような言葉の二重に加えてこの馴染みにくいリズム!『覚えられそうで覚えられない』点ではNo1。