Jリーグが新たにリリースした公式アプリ「Club J.LEAGUE」。

リーグ観戦をより便利にし、サポーター同士のつながりを創り出すことを目指している。

そんな同アプリでは先行限定企画として、Jリーグ選手による2017シーズンの「マイベストチーム」を公開中(自チーム選手は選出できない)。

Jリーグ屈指の守備的MF、FC東京に所属する米本拓司が選んだ11人は?

GK:クシシュトフ・カミンスキー(ジュビロ磐田)
DF:エウシーニョ(川崎フロンターレ)
DF:昌子 源(鹿島アントラーズ)
DF:谷口 彰悟(川崎フロンターレ)
DF:丸橋 祐介(セレッソ大阪)
MF:ソウザ(セレッソ大阪)
MF:中村 憲剛(川崎フロンターレ)
MF:遠藤 康(鹿島アントラーズ)
MF:家長 昭博(川崎フロンターレ)
FW:小林 悠(川崎フロンターレ)
FW:ビクトル・イバルボ(サガン鳥栖)

カミンスキーや丸橋、イバルボなど、なかなか“ツウ“な選手たちをピックアップ!

なかでも遠藤康については「対戦していてボールが全然取れなかった」ようで、最も手を焼いた選手の一人だったようだ。