リーズ・ユナイテッドへの移籍が発表された井手口陽介。それと同時に明らかになったのが、今季終了までのスペイン2部クルトゥラル・レオネサへのローン移籍だった。

1974-75シーズン以来42年ぶりにスペイン2部に昇格したレオネサは、お世辞にも実力・知名度ともに高いとは言えない。ただ、かつて3部時代にはタキシードをデザインしたユニフォーム(通称タキシードユニ)をリリースし着用したことで、世界中のコアなユニフォームファンには以前から知られた存在だった。

今シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Cultural Leonesa 2017-18 Hummel Home

クルトゥラル・レオネサ 2017-18 hummel ホーム ユニフォーム

2017-18シーズンユニフォームのサプライヤーはHummelで継続。胸のスポンサー“ASPIRE ACADEMY”は国家主導で設立されたカタールのスポーツ選手育成機関で、クラブの株式の99%以上を保有するオーナー企業だ。

クルトゥラル・レオネサ 2017-18 hummel ホーム ユニフォーム

右袖には初めて付けるラ・リーガ・バッジ。ユニフォームのホワイト/レッドは、ホームタウンのレオンが属するカスティージャ・イ・レオン州の旗の色と同じ。

ネームナンバーは1部のチームと同じフォントスタイル。パンツとソックスはともにホワイトを基調とし、Hummelロゴマーク(シェブロンライン)のグラフィックが入っている。

【次ページ】アウェイとサード、そしてタキシードユニも紹介!