ジェフユナイテッド千葉は2017シーズン、新たに就任したフアン・エスナイデル監督のもと「ハイライン&ハイプレス」の攻撃的なサッカーを展開。

失点の多さから一時は失速したものの見事に立ち直り、36節から最終節までクラブ新記録となる7連勝を達成。逆転で6位に入り、3年ぶりのJ1昇格プレーオフ進出を果たした。

そのプレーオフでは3位の名古屋グランパスの前にアウェイで敗退。引き続き指揮を執るエスナイデル監督とともに2018シーズンはさらに上位を目指す彼らが1月5日、新ユニフォームを発表した。

JEF United Ichihara Chiba 2018 Kappa Home

ジェフユナイテッド市原・千葉 2018新ユニフォーム

千葉の新ユニフォーム、そのコンセプトは『速』。

ホーム(1st)は、2017シーズンのベースカラー「蛍光イエロー」を継承し、スピード感を表現した柄を配置。イエローのカラーが持つ力で、集中力と判断力を上げつつ、視覚からもその速さをうながしている。

ジェフユナイテッド市原・千葉 2018新ユニフォーム

ナンバーは、1993年のJリーグ初年度から使用しているフォントをもちろん継続。この伝統は“オリジナル10”で唯一だ。

ジェフユナイテッド市原・千葉 2018新ユニフォーム

サプライヤーは12年目のKappa。ハイパフォーマンスを導き出す「KOMBAT」シリーズをベースにスピード感を融合したデザインとなっている。

【次ページ】アウェイは初の「緑」!