この冬、7000万ポンド(107億円)以上の移籍金でサウサンプトンからリヴァプールへ移籍したオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイク。

このほどアンフィールドで行われたFAカップ3回戦エヴァートン戦で新天地デビューを果たした。いきなりマージーサイドダービーでのお披露目となったが、1-1で迎えた後半39分に値千金の決勝ゴールをマーク!

2-1の勝利に貢献し、移籍初戦で英雄になった。『Independent』によれば、試合後にはこう語っていたそう。

フィルヒル・ファン・ダイク(リヴァプールDF)

「これ以上がありえるとは思わないよ。素晴らしい夜だったね。

失点してしまったのはアンラッキーだった。でも、デビュー戦となったダービーで決勝点を決めるなんて、全ての子供が夢見るようなことさ。

自分はそれをやったんだ」

ユルゲン・クロップ監督も「フィルヒル・ファン・ダイクが初戦でゴールできたのは良かったね。素晴らしいヘディングだった」とその活躍を讃えていた。