この冬、7000万ポンド(107億円)以上の移籍金でサウサンプトンからリヴァプールへ移籍したオランダ代表DFフィルヒル・ファン・ダイク。

ここでは、『Squawka』による「サウサンプトンがファン・ダイクの100億円を費やしうる3つの策」を見てみよう。100億円の3つの使い方…というような感じだ。

FWダニエル・スターリッジとDFアルフィー・モーソンの獲得

FWダニエル・スターリッジ

リヴァプールは“Fab Four”であるコウチーニョ、サラー、マネ、フィルミーノが好調で、若手ドミニク・ソランケもゆっくりながら成長している。

それにより、スターリッジの余地はほとんどなくなっている。ローン移籍がありうると伝えられるなか、別のオプションも。

それはセインツがギャンブルに出て、このストライカーを買い取るというものだ。

FWチャーリー・オースティンはまずまずよくやっているが、彼以外ではセインツの攻撃陣には厚みも質も欠けている。アイルランド代表FWシェイン・ロングはほぼ1年間リーグ戦でゴールがなかったし、イタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニも今季は不発気味だ。

一方でスターリッジは9試合で21本のシュートを放ち、2ゴールをマークしている。

DFアルフィー・モーソン

残りのファン・ダイク資金は、彼の適切な代役としてスウォンジーDFモーソン獲得に費やすことができる。

2500万ポンド(38億円)の評価額がついている23歳の長身CBは、今季のスワンズで傑出している数少ない選手のひとりだ。

モーソンはフィールドプレイヤーとしてチームで唯一フルタイム出場しており、チームトップの守備的アクションを記録。

ファン・ダイクより3歳若い彼は、サウサンプトンの守備の問題を長期に渡って解決しうる存在だと証明されるだろう。

【次ページ】10年以上ぶりの復帰!?