『Football London』は6日、「チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、ジョゼ・モウリーニョは小さい男だと語った」と報じた。

先日モウリーニョ監督が「プレミアの数名の指揮官は試合中に狂った男のようになる」と話したことが波紋を広げている。

そのターゲットとなったアントニオ・コンテ監督は、「自分自身を振り返るべき。痴呆症か?」と反論。

それに対してモウリーニョ監督は以下のように話し、コンテ氏がシエナ時代に活動停止処分を受けていたことを揶揄した。

ジョゼ・モウリーニョ

「私がアントニオ・コンテに言いたいのは、過去にタッチラインで間違いを犯したことだけだ。少なくしようとしているが、幾つかのミスはこれからも犯す。

自分に起こったことがない、そしてこれからも起こらないのは、八百長で活動停止になることだけだ。それは、私には決して起こらない」
アントニオ・コンテ ジョゼ・モウリーニョ

【次ページ】「かつて彼は多くの状況で小さな男だった。そして…」