週末に行われたFAカップ3回戦、マンチェスター・ユナイテッドは2部のダービーを2-0で下した。

ただ、ユナイテッドはポゼッション68%・シュート28本と圧倒したものの、得点が生まれたのは84分と90分という時間帯だった。

また、先発したヘンリフ・ムヒタリャンは前半のみで交代という憂き目にもあった。

その件について言及したジョゼ・モウリーニョ監督は自らの判断はアンフェアなもので、ハーフタイムで全員の前で謝ったと明かした。

モウリーニョは自分のしたことが嫌だったとも吐露していた。

なお、“残された”マーカス・ラッシュフォードだが、結局得点なく後半35分に交代に。一方、ムヒタリャンとの交代で投入されたロメル・ルカクは1ゴール1アシストを記録している。