2017シーズンも中盤戦まではJ1昇格プレーオフを狙える位置につけていたファジアーノ岡山。

3年目の長澤徹監督とともに「今年こそは」と奮闘を見せていたが、26節から37節にかけてわずか1勝と失速。エースストライカーの赤嶺真吾がたびたび負傷で離脱し、シーズンを通して得点力不足に悩まされた結果13位に終わった。

長澤監督は今シーズンも続投。2年前は昇格プレーオフ決勝進出へ導いた49歳の指揮官のもとで改めてJ1昇格を目指す。

そんな岡山が1月5日、2018シーズンの新ユニフォームを発表した。

Fagiano Okayama 2018 Penalty Home

ファジアーノ岡山 2018新ユニフォーム

ホーム(1st)は、昨年12月15日に発表された新エンブレムをモチーフにしたアシンメトリーデザイン。「攻守の連動」をファジアーノレッドとネイビーのライングラデーションで表現している。

ファジアーノ岡山 2018新ユニフォーム

この風合いは独特。“新しいファジアーノ”を予感させるデザインだ。

ファジアーノ岡山 2018新ユニフォーム

サプライヤーは9年目のPenalty。

【次ページ】アウェイは「羽ばたくキジ」と「勝利」の“V”