『Express』は6日、「レスター・シティのFWリヤド・マフレズは、日曜日にリヴァプール加入に向けたメディカルチェックを受ける」と報じた。

土曜日、フィリペ・コウチーニョのバルセロナ移籍が決定した。違約金は1億4000万ポンド(およそ214.9億円)以上だと伝えられている。

リヴァプールはこれによって中心的な存在を失ってしまったが、もう後釜の獲得には近づいているようだ。

記事によれば、すでにレスター・シティのリヤド・マフレズに対して4900万ポンド(およそ75.21億円)の資金を投入しているとのこと。

『BeIN Sports』によれば、そのメディカルチェックが日曜日に行われる予定で、契約にも至る可能性があるという。

リヴァプールは今冬のマーケットですでにフィルヒル・ファン・ダイクを7500万ポンド(およそ115.12億円)で獲得した。

これでマフレズも引き入れることになれば、支出は合わせて1億2400万ポンド(およそ190.34億円)となる。