この冬にアトレティコ・マドリーに復帰したジエゴ・コスタ。

復帰から2試合連続ゴールをマークしたが、ヘタフェ戦ではその直後に退場処分となってしまった。スタンドのホームサポーターと喜びを分かち合ったことで、2枚目のイエローカードを貰ってしまったのだ

『AS』や『Marca』などによれば、ディエゴ・シメオネ監督やチームメイトは今回の退場についてこう述べていたという。

ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー監督)

「私はコスタがやったいいことのほうに注目したい。

レフェリーは感情的なものを読み取る余地がない。

ルールはルールだ。だが、彼は重要なゴールを決めるために、あそこにいた。

退場は正しかった。彼はファンと祝うために越えて行ってしまったからね。ルールを受け入れなくてはならない。

ジエゴ・コスタは我々にスピードを与えてくれている。攻撃的なオプションと(相手にとっての)脅威もね…。彼は人々をおびえさせる」

ルーカス・エルナンデズ(アトレティコ・マドリーDF)

「ゴールを決めた後、彼はファンと喜び合った。それはフットボールにとって素晴らしいことだ。

イングランドではこんなルールは存在しない。自分たちのファンと一緒に祝うことができる。

残念だが、彼はもう2度とやらないだろうね。

レフェリーは最善を尽くした。僕らと同じように彼もミスを起こしうる」

「僕は皆が彼(コスタ)をリスペクトしていることを知っているよ。

彼はあらゆることをしているし、もし彼のようなストライカー相手に守らなければならないならば、タフな試合になるだろうね」

なお、イングランドのプレミアリーグでもマンチェスター・シティMFラヒーム・スターリングが同じような行動で退場になっており、ルール上は正しい判定ではある