アーセナルMFフランシス・コクランに移籍の噂が浮上している。26歳になった彼は今季リーグ戦の先発出場がわずか1試合に留まっている。

『cadenaser』によれば、コクラン獲得についてアーセナルと交渉しているのはバレンシアだという。

今季リーガ3位につけているバレンシア。この冬はアトレティコ・マドリーからアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエットをレンタルで引き入れている。

コクランとアーセナルとの契約は2021年まであるが、買い取り義務のオプション付きでの移籍になる可能性があるようだ。

マルセリーノ監督は昨夏の時点でコクランの引き入れを狙っていたようで、インテルから獲得したジョフレイ・コンドグビアよりもウィッシュリストの上位にあったそう。