ついにブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョのバルセロナ移籍が決まった。

ここでは、『Squawka』による「リヴァプールがコウチーニョの代役にしうる4人の候補」を見てみよう。

夢、現実、ワイルドカード、独自案という4つの案だ。

夢:クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント/アメリカ代表)

クリスティアン・プリシッチ

ユルゲン・クロップ監督が長きに渡りターゲットにしているプリシッチ。ドルトムント時代の教え子である彼は、コウチーニョの代役として噂されてきた。

若きドルトムントの一員であり、世界で最も高く評価されている若手選手のひとりだ。

短期的に見れば、もっと理想的な代役候補はいるかもしれない。だが、19歳のプリシッチには成長できる余地がたっぷりあり、リヴァプールがコウチーニョを恋しがらなくて済むための最善の候補といえる。

鋭いドリブラーである彼は今季のブンデスで最も多くのドリブル突破を記録。さらに、100回以上のドリブルを試みながら、成功率は45.48%をマークしている。

とはいえ、リヴァプールにとって彼の獲得はまだ夢のままだろう。本人は「リヴァプール行きを本気で考えたことはないんだ。クロップのことは尊敬しているし、彼は僕を連れてきてくれた。でも全てをくれたのはドルトムントだ」と述べているのだ。

また、ネイマールの代役としてウスマヌ・デンベレをバルセロナに売却することを余儀なくされたドルトムントは、さらなる若手選手の流出に消極的なはずだ。

【次ページ】アーセナルではなく!?