『Livesoccer TV』は10日、「元フランス代表DFエリック・アビダルは、肝臓がんの闘病時に経験したエピソードを明かした」と報じた。

バルセロナに所属していた2011年に肝臓がんが発覚し、2度の大きな手術を受けることになったアビダル。

長い入院が必要になったものの、幸いにして治療は成功。命を永らえただけではなく、選手としてピッチに戻ることにも成功した。

彼は『Canal +』のインタビューで闘病中のエピソードについて話し、メッシから言われたことに驚愕したと明かした。

エリック・アビダル

「堪らなかった。あの痛みは、永久に突き刺さっているだろう。私の心の中にね。

医者が『手術が必要だ』と言った時、僕は嬉しかった。あの痛みから逃れられると思うとね」
リオネル・メッシ エリック・アビダル

【次ページ】『もうこれ以上ビデオを送らないでくれ』と…