昨夏、ネイマールを失ったバルセロナ。この冬はブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに続き、コロンビア代表DFジェリー・ミナを補強した。

『Transfermarkt』によれば、バルセロナの選手の市場価値総額はなんと10億ユーロ(1337.4億円)に到達したとのこと。

これはもちろんサッカークラブで世界トップ!10億ユーロというのは、adidasの2016年度の純利益とほぼ同額だ。

なお、コウチーニョの市場価値は9000万ユーロ(120億円)、ミナは900万ユーロ(12億円)。

ちなみに、市場価値世界第2位は、レアル・マドリーの8.585億ユーロ(1148.2億円)。