昨年から噂されていたブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョのバルセロナ移籍がついに決まった。

プレミアリーグのスター選手がリーガに去ることになるなか、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、この移籍についてコメントした。

彼にとってはいいことだけど、最高の選手のひとりがいなくなってしまうのはリーグにとってはよくないことと述べた。そのうえで、バルサは悪い選択ではなく、楽しんでプレーして欲しいとも。

アザール自身もレアル・マドリーへの移籍が噂されてきたが、果たして…。