昨シーズン限りで現役からの引退を発表したシャビ・アロンソ。

将来的に指導者への転身を考えており、adidasの企画で8人制サッカーの監督にも挑戦した。

そんなシャビ・アロンソはリヴァプールファンに非常に愛された存在であったが、チームに対する愛情に変わりはないようだ。

『talkSPORT』のインタビューの中で、「リヴァプールの監督になることを夢見ていたり、考えたりしているのか?」と問われ、以下のように答えた。

シャビ・アロンソ

「ああ、確かにリヴァプールの監督になることについて夢見てきた。

でも、まずは自分の能力を示し準備をしなければいけない。

それでももしどこかのタイミングで監督になるチャンスがあれば、私のリヴァプールに対する絆や傾倒、情熱といったものに溢れるだろう。

もちろんだ。そうなるかどうか見てみようじゃないか」

(リヴァプールファンとしてそれを夢見ている?また、その時隣にはスティーヴン・ジェラードがいたりする?)

「いや、スティーヴィーは私より早くに監督になっていると思うよ。

それが妥当さ」

(彼はあなたにとってのNo.1やNo.2じゃないんだね)

「いやいやいや。

スティーヴィーはすでに実際のチームを指揮しているし、すぐに監督になると思ったんだ」