『FourFourTwo』は11日、「元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏は、セビージャの監督選びを批判した」と報じた。

現在UAE2部のフジャイラで監督を務めているマラドーナ氏。選手時代は1992-93シーズンにセビージャでプレーした経験がある。

彼は26年前に所属した古巣の動きを見て、その監督選びに大きな疑問を抱いているようだ。

ディエゴ・マラドーナ

「これはクレイジーだよ。

エドゥアルド・ベリッソを解雇して、ヴィンチェンツォ・モンテッラに後を引き継がせるというのはね」
ディエゴ・マラドーナ セビージャ

【次ページ】「ビジネスマンはサッカーをコントロールできない」