ディエゴ・マラドーナ

「特に、モンテッラ監督はACミランを成績不振のために解雇された時だった。

あの仕事を受けられる指導者は、数多にいるではないか。

ビジネスマンは、フットボールをコントロールすることは出来ない。

ベリーソはサポートされるべきであった。あるいは、少なくとも代替手段を取るべきだった。

物事は変わらなければならないよ」

セビージャは12月にエドゥアルド・ベリッソ前監督を解任。前立腺がんを克服して戻ってきた指揮官をすぐに解雇するという驚きの選択を行った。

その後任に選ばれたのは、ミランを解任されたばかりのヴィンチェンツォ・モンテッラだった。

そして彼のリーガでの初陣となったベティス戦では、ホームのサンチェス・ピスフアンで3-5と打ち合いの末に敗北している。