『Sportsmole』は11日、「バレンシア移籍が決定したフランシス・コクランは、アーセナルに残ったことを後悔していると話した」と報じた。

今季のアーセナルでは、プレミアリーグでわずか155分の出場となっていたコクラン。今冬バレンシアへの移籍を決断した。

ユース時代から所属していたクラブを離れ、スペインでのチャンスにかけることになった。

彼はこの決断について以下のように話し、夏の段階で移籍は考えていたと明かした。

フランシス・コクラン

「夏の段階で、移籍への関心があったことは事実だよ」
フランシス・コクラン アーセナル バレンシア

【次ページ】「素晴らしいチャンスが与えられた」