PSGとリヴァプールがあるGKの獲得を狙っていると、『Record』が伝えている。

それによれば、ターゲットになっているのは、ローマのブラジル代表GKアリソンだという。

アリソンは1992年生まれの25歳。インテルナシオナウで育成された大型GKで、2016年にローマに加入した。

昨季はセリエA出場はゼロだったが、今季は全試合でゴールマウスを任されている。

PSGとリヴァプールはすぐにでも彼を引き入れたいという意思があるという。ただ、ローマ側は今季終了後の夏の移籍マーケットでの売却を望んでいるとのこと。

現在の契約は2021年まで結ばれている。ただローマはチームとして選手たちの給与額を低く抑えたいという狙いがあるため、売却自体にそれほど躊躇いはないようだ。