FC東京は2018シーズン、前ガンバ大阪の長谷川健太監督が就任。

ディエゴ・オリヴェイラ(柏)や富樫敬真(横浜FM)、大森晃太郎(神戸)らを補強し、新たなシーズンに向けた準備を進めている。

1月13日には、クラブ創設20周年を迎える2018シーズンの新体制発表会を開催。これに合わせて新ユニフォームも発表されている。

FC Tokyo 2018 Umbro Away

FC東京 2018新ユニフォーム

ホームに続いて発表された、東京の新しいアウェイ(2nd)ユニフォーム。

メインカラーは引き続きシルバー。2018モデルは、戦いから身を守るために、いくつも頑丈に組み立てられた甲冑の“重なり”をイメージしている。

FC東京 2018新ユニフォーム

『騎士の忠誠心』をモチーフにした、左胸のエンブレム部分にかかるようなグラフィックも特徴。

パンツ、ソックスを含めたカラーコーディネートは「東京のアウェイ」としてすっかり定着した感がある。

FC東京 2018新ユニフォーム

選手着用のビジュアルには久保建英の姿も。GKのアウェイユニフォームは黒のようだ。

ユニフォームスポンサーは、胸の「東京ガスライフバル」、背中上部の「三菱商事」、パンツの「東京ガス」が継続。

FC東京 2018新ユニフォーム

袖スポンサーは、オフィシャルショップなどでお馴染みの『EURO SPORTS』を展開する「プロ・フィット スポーティング」と新たに契約した。

FC東京 2018新ユニフォーム

そして、鎖骨スポンサーは「ミクシィ」。ユニフォームに入るのは人気ゲーム『モンスターストライク』を製作しているXFLAG スタジオのロゴだ。4年目を迎えるサプライヤー、Umbroのロゴの下にピタリと収まっている。