リーガ第19節、レアル・マドリーはホームでのビジャレアル戦に0-1で敗れてしまった。

シュート28本を放つも得点を奪えないままに迎えた後半42分。コーナーキックからカウンターを浴び、大ピンチを迎えると…(動画3分3秒~)。

GKケイロル・ナバスが好セーブ!だが、そのこぼれ球をパブロ・フォルナルスに見事なループシュートで決められて万事休す。

年末にサンティアゴ・ベルナベウで行われたクラシコにも敗れていたレアル。これでホームでのリーグ戦2連敗となってしまった。『ESPN』などによれば、これは2009年5月以来のことだそう。

現在4位のレアル、今季のリーガ制覇はもはや絶望的だ。