アレクシス・サンチェスは本当にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍してしまうのか?

サッカー界では選手の移籍が当然行われるもの。中には直接のライバルに行ってしまうことも。

今回は『FourFourTwo』から、移籍を許したことで大きな後悔に結びついたケースを紹介。

アンドレア・ピルロ

アンドレア・ピルロ ミラン

移籍:ミラン→ユヴェントス

移籍金:フリー

当時世界で最も鮮やかなMFの一人であったピルロを余剰人員とする。その考えは、あまりにも馬鹿げているように見える。

しかし、ミランは2011年にそう考え、32歳の彼との契約を延長せず、直接のライバルであるユヴェントスへと放出した。

2000年台のミランの成功を導いたピルロ。しかしマッシミリアーノ・アッレグリ監督のシステムから弾かれてしまい、まだ成功に飢えていた彼はユヴェントスと握手を交わした。

彼を手に入れたアントニオ・コンテのユヴェントスは、新しいスタジアムと選手たちの下でイタリアを支配。2011-12シーズンにスクデットを獲得して以来、一度も手放したことはない。

一方、ミランはそれからずっと低空飛行を続けている…。