昨夏シャルケを退団し、ウニオン・ベルリンを経て古巣の鹿島アントラーズに復帰した内田篤人。

香川真司と時を同じくしてドイツに渡った彼のプレーを楽しみに、ワクワクしながら週末のブンデスリーガを見ていたファンも多かったのではないだろうか。

内田がクラブに残した功績の大きさは、昨年9月に催されたシャルケの退団セレモニーにも表れている。

内田篤人 シャルケ 退団セレモニー

これまで、ごく限られた選手しか行われていなかった“お別れ会”で、クラブは素晴らしいパネルまで用意してくれていた。

鹿島は15日に鹿島神宮で恒例の必勝祈願を済ませると、その足でキャンプ地の宮崎へ。2週間の日程でキャンプを終えると、いよいよプレシーズンマッチが始まる。

そこで今回は、鹿島・内田の新シーズン本格始動を契機に、シャルケ時代の軌跡をユニフォーム姿(そしてトレーニングウェア姿)で振り返ってみたい。

なお近年のシャルケはユニフォームを2シーズン毎に変更しているので、シーズン表記はそれに則っている。またadidasとは今季限りで契約終了となり、来季からUmbroのユニフォームを着用することも決定している。

今シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Schalke 2010-12 adidas Home

内田篤人 シャルケ 2010-12 adidas ホーム ユニフォーム

“シャルケの内田”はこのユニフォームから始まった。2010-12の2シーズンで使用したホームキットは、襟付きで胸元がボタン止め。スリーストライプスは袖口まで伸びている。ソックスの水平ストライプも特徴的だった。

内田篤人 シャルケ 2010-12 adidas ホーム ユニフォーム

フォントスタイルが独特だったネームナンバーは前季からの継続使用。国内リーグ、カップ戦用のネームはアーチ型にプリントされていた。

Schalke 2012-14 adidas Home

内田篤人 シャルケ 2012-14 adidas ホーム ユニフォーム

2012-14の2シーズンで使われた、バイアス柄のシャドーストライプが特徴のモデル。襟は無くなり、首周りはVネックを採用していた。スリーストライプスは2010-12モデルと同様に袖口まで伸ばしきっている。パンツはホワイト、ソックスはブルーが基本。

内田篤人 シャルケ 2012-14 adidas ホーム ユニフォーム

ネームナンバーはデザインが変更となり、ネームとチーム名の位置が入れ替わった。写真のブンデスリーガ・バッジはリーグ創設50周年記念の特別版で、2012-13シーズンのみ使用された。