この冬、バルセロナからイスタンブルBBへ移籍したトルコ代表MFアルダ・トゥラン(2年半のローンで)。

その彼が新天地デビューを果たした。リーグ第18節ブルサスポル戦の後半20分に投入されると、後半41分に…。

左から中に入ると、右足を一閃!豪快なシュートを叩き込み、ゴールを奪ってみせた。マークが外れ完全にフリーではあったが、これはお見事!

今季リーガでは1分たりともプレーできなかったが、母国トルコではわずか25分で結果を出してみせた。

アブドラ・アブジュ監督も「ゴールでスタートできたのは、彼にとっても我々にとっても素晴らしいこと」と讃えていた。

試合は0-3でイスタンブルBBが勝利している。