間瀬秀一監督就任1年目は15位という結果に終わった愛媛FC。

一時は6位につけるなど悪くないサッカーを見せていたが、その一方で攻守のバランスを崩し大量失点する試合も目立った。

守備面を改善し、再びJ1昇格争いに絡むことを目指す彼らが1月14日、2018シーズンの新ユニフォームを発表している。

Ehime FC 2018 Mizuno Home

愛媛FC 2018新ユニフォーム

愛媛の2018モデルは、愛媛を代表する「伊予柑」を、より大胆にグラフィックとして落とし込んだデザイン。

細かいドット模様の集合が「伊予柑」の写真のように表現されており、一つ一つの粒が集まり、「伊予柑」になるよう構成することで、クラブを愛するすべての人が集まって愛媛FCというチームができ上がる姿をイメージしている。

愛媛FC 2018新ユニフォーム

ホーム(1st)はチームカラーであるオレンジを全体に使い、その濃淡で柄を表現。また、瀬戸内海をイメージした落ち着きのあるネイビーを部分使いし、クラブのオリジナリティを高めている。

愛媛FC 2018新ユニフォーム

パンツは2017モデルと同じくオレンジ。昨シーズンから採用された全身同色のコーディネートを継続する。