先日、バルセロナによる密集地帯での見事なティキタカを記事にしてお届けしたが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアンが週末のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦で記録したゴールも素晴らしかった。

これはすごい!

最初の縦パスから計8タッチ。アザール、バチュアイとのほぼワンタッチでのパス交換から、最後もダイレクトで強烈なシュートをニアサイドに突き刺した。

個人の独力による超ゴールが脚光を浴びがちだが、Qolyではこうしたチームワークでのプレーもどんどん取り上げていくぞ!