アレクシス・サンチェスと入れ替わる形で、マンチェスター・ユナイテッドからアーセナルへと渡ったヘンリフ・ムヒタリャン。

「夢が叶った」とコメントしている通り、アーセナルでプレーすることをずっと夢見ていたのだという。

ムヒタリャンによれば、アーセナルが好きになったキッカケはそにプレースタイルと若手を育てるアーセン・ヴェンゲル監督の姿勢であるそう。

また、クラブに向けた最初のインタビューで「恋に落ちた」というエピソードを明かしてくれた。

そう感じるようになったのは、ティエリ・アンリの影響だそう。

「僕がアーセナルを応援していたのはおそらくアンリがいたから」と語るなど、自身のアイドルについて語っていた。