今冬の移籍市場で最大級の関心事となったアレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍。

エースの離脱によってアーセナルの戦力ダウンは避けられないかと思われるが、アーセン・ヴェンゲル監督は別の見方を示しているようだ。

移籍騒動によって「代償」を支払わされていたと明かしたヴェンゲル監督。最終的にはエースの流出という結末を迎えたが、喧騒が一段落したことで「試合に集中できるようになった」と安堵しているようだ。