『Manchester Evening News』は25日、「アレクシス・サンチェスは、マンチェスターのローリー・ホテルに愛犬を連れてきた」と報じた。

今冬のマーケットでアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍することになったサンチェス。

彼はもちろんこれからマンチェスターで住居を探すことになるが、それまでは5つ星のローリー・ホテルのスイートルームに滞在するという。

ここはジョゼ・モウリーニョ監督も就任からずっと滞在している場所で、多くのセレブが愛するホテルだ。

そして木曜日、彼がホテルに入っていくところが目撃された。愛犬のアトムとハンバーを連れて。

ローリー・ホテルはペットの同行が禁止されているのだが、どうやら特別に許可を得たようなのだ。

『The SUN』によれば、常連客からは「普通の者なら許されない。セレブだからといって規則は変えられない」と不満の声もあるという。

しかし、おそらくサンチェス側が特別な掃除を行うための費用を負担することを約束したため、ホテル側が特別に許可を出したと推測されている。