史上初となる5年連続でのコパ・レル・レイ決勝進出を決めたバルセロナ。

バレンシアとの準決勝には2戦合計3-0で勝利を収めた。そんななか、メスタージャでの2ndレグではこんなシーンが…。

この冬にアーセナルからバレンシアに加入したMFフランシス・コクランが、リオネル・メッシに激しいチェック!

思わずメッシのユニフォームが脱げかけるほどの勢いだったが、判定はノーファウル。ボールに行っていたように見えなくもないが…。

メッシ相手に鬼気迫るプレーを見せたコクランだが、後半10分に途中交代。マルセリーノ監督によれば、負傷による交代だったそう。

そのマルセリーノ監督はバルサのほうが上だったと敗戦を受け入れていた。これで公式戦4連敗となったバレンシアは、週末にレバンテとのダービーを戦う。