イラン1部リーグのエステグラルは、セネガル出身のFWマメ・ババ・ティアムを獲得したと発表した。

マメ・ティアムは1992年10月9日生まれの25歳。

ユース時代をインテルで過ごすなど期待されたアタッカーで、左ウイングを本職とする。

将来性を買われ2015年にはインテルからユヴェントスへ渡るも、ズルテ・ワレヘムやPAOKなどへのローン移籍が続き、ユーヴェでのトップ出場経験はなし。

しかしPAOKではUEFAヨーロッパリーグにも出場しており、昨シーズンはエンポリの一員としてセリエAの15試合でプレーした。

マメ・ティアムは昨年6月でローン契約が終了となっており、ユヴェントスに復帰。しかしユーヴェとの契約は更新されず半年ほどフリーの状態が続いていたのだが、このほどエステグラルが獲得したという流れだ。

エステグラルは昨シーズンのリーグ戦で2位につけており、今季もAFCチャンピオンズリーグに出場。

グループステージではアル・ヒラル(サウジアラビア)、アル・ラーヤン(カタール)、アル・アイン(UAE)と同組になっている。