9日、フランス・リーグアン第25節のサンテティエンヌ対マルセイユが行われた。

カップ戦でお休みをもらっていた酒井宏樹は、今回左サイドバックでスタメン出場。そして前半4分、クロスボールからフロリアン・トヴァンの先制ゴールをアシスト!

これでマルセイユは早くにリードを奪うことに成功するも、10分にケヴィン・モネ=パケのゴールで同点に追いつかれる。

その後ブナ・サールからのクロスでモルガン・サンソンが2点目を決めるも、さらに75分にロベルト・ベリッチにヘディングを決められ、2-2となってしまった。

結局試合は引き分けで終わっており、モナコやリヨンを突き放したいマルセイユとしてはやや厳しい結果となっている。