ムハンマド・サラーがリヴァプールで大ブレイクを果たしている今シーズン。アフリカン・パワーは近年のサッカー界に欠かせないものとなった。

『FourFourTwo』は、そのムハンマド・サラーを除き、プレミアリーグで活躍したアフリカ人選手のTOP15を選出している。

15位:ピーター・エンドロヴ

ピーター・エンドロヴ プレミアリーグ

ジンバブエの代表選手は、プレミアリーグが創設される前のコヴェントリーで愛された選手だ。

しかし、大会創設後の数年もファンから非常に支持されていた。彼は1992-93シーズンに初めてプレミアリーグでプレーしたアフリカ人だ。

そして、最初のシーズンでミッキー・クインとコンビを組み、7つのゴールを決めてみせた。

アーセナルに移籍する噂もあったが、残念ながら実現することはなく、1997年にバーミンガム・シティへ。そこでもファンの愛情を受けた。