今年、明治安田生命Jリーグでの2シーズン目を迎える元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ。

鳴り物入りでJ1のヴィッセル神戸へ加入した昨シーズンは、デビュー戦でいきなり2ゴールを決めたものの、15試合の出場で5ゴール。この成績は誰よりもポドルスキ自身が満足していないに違いない。

ルーカス・ポドルスキ

そんな彼が、今年ロシアで開催されるFIFAワールドカップや、日本サッカー、さらにスパイクについて率直に語った。

――ワールドカップでもっとも重要なものは何ですか?

一つの物事ではないね。チームスピリットは重要だ。ドイツは常にこれを備えていた。クラブで良いシーズンを過ごせたかどうかにかかわらず、一度メンバーに入れば、もっとも重要なのはチームのエネルギーなんだ。全員がトーナメントに備えるために団結する。その時、特別なものを感じるんだ。そして、大会のことだけに集中する。ワールドカップのような大会の間には、何が起こっても不思議ではない。そして、少しの運も必要だ。でも、チームスピリットが違いを作るよ。

――日本はグループステージを突破できる?

もちろんだ。あのグループには有力な候補はいないよ。簡単ではない。なぜなら、ポーランドは強いし、コロンビアもそうだ。コロンビアは南米予選を突破している。多くの激しい試合が行われ、わずかなチームだけが本大会に進めるところだ。どちらの試合も日本にとっては簡単なものにはならないだろうね。