C大阪は先月14日(日)にリカルド・サントスとの契約更新を発表しており、今季から登録名も「リカルド」に変更されている。

しかし、今月9日(金)に最終更新となったJリーグの登録リストにはその名前がなく、先日行われた川崎戦のマッチデープログラムでも選手紹介ページでその姿が確認できなかったという。

リカルド・サントスは先月26日(金)のトレーニング中に左手第3・4中手骨を骨折し、全治3ヶ月の診断が出ている。

ただ単にそれだけの理由ということも考えられるが、C大阪はここに来てFCソウルDFオスマル・バルバの補強も囁かれている

Jリーグにおいて、試合にエントリーすることができる外国籍選手は1チーム3名以内。

仮にオスマル・バルバが加わると外国籍選手(AFC加盟国およびJリーグ提携国の国籍を持つ選手は除く)は4名となるため、リカルド・サントスが期限付きで移籍で他チームに移るのではないかという憶測も成り立つが、はたしてその真相は…。

ちなみに、AFCが発表したACLの登録メンバーにはリカルド・サントスの名前が確認できる。