右ひざの怪我が長引いている日本代表の本田圭佑は、17日にキャンプ地のトルコで行われたCSKAモスクワ対シャフタール・ドネツクの2軍チームとの練習試合で、約3ヶ月ぶりに実戦に復帰。4-2-3-1のトップ下で先発すると、いきなり結果を残してみせた。

右サイドのセク・オリセーから、決して簡単ではないボールを鮮やかなボレーシュートで決めた本田。21日に迫ったCLベスト16、レアル・マドリーとの第1戦に出場することは難しいかもしれないが、来月3日に再開される国内リーグ、そして14日のマドリーとの第2戦に向けて、まずは幸先の良いリスタートとなった。

(筆:Qoly編集部 O)

{module [170]}
{module [171]}

{module [173]}