8月7日、スーパースポーツ・ドットコムは「ACミランのフランスU-21代表FWエンバイ・ニアングは、セネガルからの誘いを断った」と報じた。

セネガル代表監督に就任したばかりのアラン・ジレス氏は、今月1日にザンビアとの親善試合に向けたメンバーにエンバイ・ニアングを招集していた。しかし、今回は選手本人の方から辞退が申し入れられたとのことだ。

エンバイ・ニアングはフランス生まれであるが、セネガル出身の両親を持っていることで知られている。

彼はフランスのユース代表を経験している(夜遊び発覚により長期出場停止中)が、現在のところフル代表には招集されたことはなく、今のところは本人の意思さえあればどちらを選択することも可能な状況にある。