(※記事の一部を修正しました)

日本が五輪招致の喜びに沸いていたちょうどその頃、地球の裏側ブラジルで信じられない事件が起こった。

この衝撃的すぎるできごとは、まず実際に映像を見ていただくことをオススメしたい。

この事件の舞台はブラジル4部リーグ、アパレシデンシ対トゥピの一戦。1-2と劣勢のトゥピは決定機を演出し相手GKを剥がし、あとはボールをゴールに流しこむだけ・・・という状況から、なんと相手チームの医療スタッフが突如コート内に侵入し、スーパークリアを繰り出したのだ!

これにはトゥピの選手たちも納得するはずもなく、この医療スタッフを全員で追走。奇襲をかけたもののこの医療スタッフの逃げ足の方が一枚上手で、なんなくスタジアム内部へと逃げられてしまったのだった。

結局、このゴールは認められず、このチャンスを逃すことになったトゥピはアグリゲートスコアで敗退。試合は20分の中断の後に再開されたが、なんともフリーダムすぎる結末なのであった。

いくら世界は広しといえど、にわかに信じがたい光景である・・・。

(※以下、追記分)

試合後、この試合は無効試合となり後日再試合が行われることが発表された。