『Mirror』は「リヴァプールの新監督ユルゲン・クロップ氏の妻ウラ・サントロックとは何者なのか?」という記事を掲載した。

先週末に解任されたブレンダン・ロジャーズ前監督の後を継ぐ形でリヴァプールへとやってきたユルゲン・クロップ。会見で発した言葉も大きな話題となり、各方面から期待の言葉がかけられている。

そしてメディアで取り上げられているのは彼本人だけではない。クロップ氏の2番目の妻であるウラ・サントロックも同じように興味の対象となっている。

新たなプレミアリーグのWAGsとなるウラ・サントロックとは何者なのか?


クロップとの出会い

ウラ・サントロックはブンデスリーガのファーストレディとして知られていた。2005年12月にクロップと結婚してからは。

この夫婦は、ミュンヘンのオクトーバーフェストの際、サントロックがバーで働いていたときに出会った。

何をしているの?

サントロックは教師であった。ケニアの首都ナイロビにあるドイツ人学校で3年間働いていたこともある。

現在は児童文学作家だ。彼女の本『トムと魔法のフットボール』は2008年に出版されている。

この物語は11歳の少年が屋根裏で魔法のフットボールを発見し、素晴らしいサッカー選手になっていくものだ。

彼女は舞台がアフリカに設定された続編を2010年に出版している。

その本についてクロップは?

クロップは妻の文学における才能を全面的に賞賛している。『これはハリーポッターのようなものだ。しかし、サッカーのものだ。こちらには○○○な棒で飛ぶ少年はいないけどな』と。

サントロックはさらに優雅だ。彼女はドイツの『Der Spiegel』に対し、この本は『サッカーの魅力』『遠いヒーローへの憧れ』であると評した。

子供は?

夫妻は結婚する前から子供がいる。ユルゲン・クロップには、若くして現役を退いたもののボルシア・ドルトムントでプレーしていたマルク・クロップを含む二人の息子がいる。

サントロックはドイツのメディアによく知られており、ボルシア・ドルトムントの試合にも常に訪れていた。しかし、マージーサイドの最高クラスのWAGsと競争する準備はできているだろうか?